2期治療について知ろう

永久歯が生え揃う時期になると、今度は2期治療が行われます。 この時は子どもでも、大人と変わらずワイヤーやマウスピースを使いながら歯並びを改善していきます。 かなり歯並びがひどい状態の時は1期治療だけで終わらず、2期治療が続くと覚えておきましょう。

高額な費用が掛かってしまう

子どもの悩みを解決するために歯並びの矯正は必要ですが、簡単に済むものではありません。 完治するまで時間が掛かりますし、費用も高くなります。 事前に調べて、しっかり費用を用意してから歯医者を訪れてください。 どの方法で治療するのかによって、料金が変わります。

乳歯の状態で矯正を始める

歯並びが良くなることで食べ物をしっかり噛むことができたり、言葉をうまく発音できるようになったりするなど様々なメリットがあります。
見た目が綺麗になるだけではないので、歯が出ていることを気にしているようだったら歯医者に連れて行きましょう。
子どもが歯並びを治す際は、1期治療と2期治療に分類されます。
1期治療は乳歯が永久歯に生え変わる時期に行う治療のことを言い、床矯正装置やマウスピースを使います。

永久歯が生え揃った後に行われるのが、2期治療になります。
時期が過ぎて1期治療ができなかった場合や、歯並びの問題点が多すぎて1期治療だけでは改善できなかった時にこの方法が使われます。
2期治療はほとんど成人と同じような方法で矯正が進められ、ワイヤーやマウスピースなどを使い分けます。
ワイヤーを使う方法でも、歯の表面に付けるのか裏面に付けるのかなど複数の方法があるので、子どもの希望に応じて選択しましょう。

1期治療では、10万円から50万円ほどが相場です。
2期治療だと大掛かりな装置を使うことも多く、20万円から100万円ほど掛かると言われています。
かなり高額な料金なので、事前に医師に費用を聞いてから矯正を行うと良いでしょう。
費用を安くしたいなら、部分的な矯正にできないか医師に相談したり、裏側ではなく表面にワイヤーを付けたりする方法を選ぶのがおすすめです。
予算のことも考えた上で、矯正の方法を医師と決めてください。

矯正する際のメリット

まだ永久歯が生えていない子どもでも、歯並びを矯正できます。 その際は大人の矯正とは異なる方法を使うので、医師から詳しく説明を聞いてください。 歯並びは放置しても治らないので、小さいうちから改善しておくことをおすすめします。 気軽に、相談しに行きましょう。