>

高額な費用が掛かってしまう

相場を把握しておこう

料金は、1期治療は2期治療に比べて安くなります。
それでも50万円前後になるので、費用をしっかり用意してください。
2期治療は100万円前後の料金が必要になることも多く、医師に料金のことも詳しく聞きましょう。
費用を支払えなくて、途中で治療が終わったら意味がありません。

必ず治療を始める前に、全体でどのくらいの料金が掛かるのか聞きましょう。
症状の大きさによっても、料金が変わります。
症状が軽い時は1期治療だと10万円程度、2期治療だと20万円程度と覚えてください。
安い料金で請け負ってくれる歯医者を探すのも良いですが、安すぎる歯医者は怪しいのでおすすめできません。
信頼できることも考慮して、歯医者を決めましょう。

安く済ませるコツがある

子どもの歯列矯正を行いたいけれど、多く費用を用意できない人がいるでしょう。
その場合は、工夫してください。
例えば裏側ワイヤーではなく、表側ワイヤーを選択するなどの工夫ができます。
さらに部分的な矯正にすると、全顎を矯正する時に比べて費用が遥かに安くなります。
問題があるのが前の歯だけだったら、部分的な矯正でも十分でしょう。

マウスピースは、ブランドによっても料金が変わります。
歯医者ごとにマウスピースのブランドが異なるので、前もって調べることをおすすめします。
複数のブランドのマウスピースを扱っている歯医者なら、その中で最も料金が安いのはどれなのか自分で見極めなければいけません。
正しく選択するために、情報収集が大切です。


この記事をシェアする